日本キリスト改革派高松東教会

神の子供として生きるために

イエス・キリストに見倣う教会

イエス・キリストに見倣う教会

聖書箇所:フィリピの信徒への手紙2章1-11節

私たちクリスチャンは、神様の恵みがなければ生きる事自体が出来ない存在だ思います。2016年は、神様の恵みによって、教会が、また、教会に属している一人一人が生かされた一年だと思います。2016年、私たちは、神様に、心をこめて祈りました。教会と聖徒一人一人を養って下さいますようにと。私たちが信じている神様は、真実なお方であり、私たちを愛しておられるお方なので、私たちの祈りを叶えて下さいました。

教会の皆様は、2016年、神様が、教会に、また、一人一人に、与えて下さった恵みを分かち合って下さいました。 「説教者が与えられて聖日を安定的に守る事が出来たこと」「韓国から短期チームが来て共に交わりを持つことが出来たこと」「新来会者が与えられた事」「教会の会堂のエアコンが新しく設置されたこと」「教会へきて人生が変わったこと」「教会で続けて礼拝を捧げる事が出来たこと」「教会をしばらくの間休んだ方達が来られるようになっていること」「会員の方や会員の家族の手術が成功されたこと」「教会員との交わりが出来たこと」「遣わされた会社で定年まで働く事が出来たこと」等。私たちを様々な方法で養って下さり、生かして下さった神様に感謝いたします。

2017年は、私たちを生かして下さった神様に、また、生きる力と恵みを与えて下さった神様に応答する信仰生活を皆さんと共にしたいと思います。それは「イエス・キリストに見倣う教会」を目指すことです。「イエス・キリストに見倣う」というのは、イエス・キリストの弟子である私たちに当たり前の信仰生活ではないかと思います。私たちが「イエス・キリストに見倣う」必要なことが三つあると思います。

第一、愛を持って、犠牲を払う人生です。

6ー8節をもう一度読んでみたいと思います。

「 Phil. 2:6 キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、

Phil. 2:7 かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、

Phil. 2:8 へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。」

実に、イエス・キリストは、私たちを愛されたので、ご自身を無にして、僕の身分になられ、人間と同じ者になられました。それだけではありません。イエス・キリストは、私たちを救って下さる為に、十字架の上で、ご自身の命を惜しみなく捧げました。イエス・キリストが、十字架の上で死んで下った究極的な目的は何でしょうか。それは、言うまでもなく、私たちを救って下さるためなのです。イエス・キリストは、私たちに救済の恵みを与えて下さるために、大きな犠牲をお払いになりました。エフェソへの信徒への手紙5章2節を読みましょう。

「キリストがわたしたちを愛して、御自分を香りのよい供え物、つまり、いけにえとしてわたしたちのために神に献げてくださったように、あなたがたも愛によって歩みなさい。」

2016年、私たちは、様々な伝道イベントをしました。それをした理由は言うまでもありません。伝道する為です。2016年の様々な伝道イベントは、全部済みましたが、私たちが全うすべき伝道の義務は、終わっているのではありません。隣人や家族の救いのために、祈り続ける必要があり、伝道し続ける必要があると思います。伝道という使命を全うするために私たちに要求されているのが、犠牲ではないかと思います。

皆さん!タイタニックという映画を見たことがありますか。その映画は、私たちに色んな教訓を与えた映画だったと思います。当時タイタニックが沈没した時、その船に乗船した人は、約2,208名だったそうです。しかし、タイタニックに準備された救助船やライフジャケットは、十分ではありませんでした。2,208名の中で、1,513名は、結局、自分自身の命を諦めざるを得ませんでした。もし、その時、皆さんが、その場におられたらどのように行動されたと思いますか。タイタニックに乗った人々の中で、船舶会社の社長であるBruce Ismayという人がいたそうです。 彼は、自分の家来、秘書、また、多くの船客を捨てて一人で逃げました。彼は、自分自身の命を保つ事が出来ましたが、世間から厳しく非難される人生を過ごさなければなりませんでした。

しかし、本当に感動的な話もありました。タイタニックの船長であるジョン・スミスは、最後まで、船客達を救助して、船と一緒に、冷たい海に没してしまったそうです。ニューヨークの有名なメイシーデパートのオーナー・シュトラウス夫婦の話しです。ご主人が、救命船に乗る事を拒否して、他の人々を助ける為に残ったそうです。それで、シュトラウスの奥さんも、自分の家来だけを救命船に乗せて、ご主人と共にタイタニック残り、冷たい海に没してしまったそうです。また、ウォレス・ハートレーは、自分の楽団と共に、逃げずに、沈没10分まで、「主を、みもとに」という讃美歌320を演奏して、死の恐怖に襲われている人々に天国の希望を与えたそうです。

皆さん、私たちは、如何でしょうか。そのような極端的な状況ではなくても、私たちは、平凡な生活の中で、隣人を思いやり、その人々の救いの為に、犠牲を払う人生を過ごしているのでしょうか。十字架に掛けられたその短い瞬間さえ、隣の十字架に掛けられた強盗に天国に入る事を約束して、彼を慰められたイエス・キリストのような人生を過ごしているのでしょうか。

私たちが、イエス・キリストに見倣うべきことは、犠牲を払うことだと思います。自分自身の利益のために犠牲を払うのではなく、神様の御国のために、教会のために、一人の魂を神様に導くために、犠牲を払いながら2017年を過ごしましょう。

第二、世の誘惑に打ち勝つ人生を過ごすことです。

1−5節をも一度読んでみたいと思います。

Phil. 2:1 そこで、あなたがたに幾らかでも、キリストによる励まし、愛の慰め、“霊”による交わり、それに慈しみや憐れみの心があるなら、

Phil. 2:2 同じ思いとなり、同じ愛を抱き、心を合わせ、思いを一つにして、わたしの喜びを満たしてください。

Phil. 2:3 何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、

Phil. 2:4 めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。

Phil. 2:5 互いにこのことを心がけなさい。それはキリスト・イエスにもみられるものです。  」

聖書は、イエス・キリストも、この世におられた時、私たちのように、世の様々なことに誘惑されたと記しています。イエス・キリストも、富や権力の誘惑を受けられた時が多くありました。しかし、イエス・キリストは、そのような誘惑に打ち勝つ人生を過ごされました。私たちも、イエス・キリストに見倣う人生を過ごすためには、世の誘惑に打ち勝つ人生を目指すべきではないかなと思います。

 

フィリピの信徒への手紙2章3節には、私たちを惑わす世の誘惑がどういう事であるかが記されています。それは、「利己心」 「虚栄心」というものです。使徒パウロは、私たちがイエス・キリストに見倣うためには、そのような誘惑に、必ず、打ち勝つべきだと語っています。

韓国には、人口の30%がクリスチャンです。また、あちこちで、教会が沢山あります。良い話か話どうかわかりませんが、韓国では、教会がある所を探すより、教会がない所を探すのがもっと難しいそうです。それくらい教会が沢山あるという事です。しかし、教会が、そんなに沢山あるにも関わらず、信仰者の数は、どんどん減っているそうです。何幾つかの原因が見出されましたが、それらの中で、クリスチャン達の利己心が一番な深刻な原因だそうです。

皆さん!如何でしょうか。クリスチャン達の利己心が、韓国の教会だけの問題だと思われるでしょうか。

悪魔が、世の全てをイエス・キリストに見せながら、イエス・キリストを誘惑した時、イエス・キリストが答えられた御言葉を覚えておられるでしょうか。マタイの福音書4章10節をご一緒に読みましょう。

Matt. 4:10 すると、イエスは言われた。「退け、サタン。『あなたの神である主を拝み、/ただ主に仕えよ』/と書いてある。」」

「ただ主につかえよ」という言葉がここで強調されています。世の物質ではなく、世の権力ではなく、ひたすら、神様にだけ仕える人生を過ごしなさいという意味なのです。神様より、楽しい事があり、大事な事があると信じて、それで、そとに心が向いてしまった瞬間、私たちは、偶像礼拝に落ち入れってしまいます。イエス・キリストは、一生涯、ひたすら、神様のみに使えました。また、神様だけを礼拝するご生涯を過ごされました。神様だけを楽しみにしながら過ごされたご生涯でした。私たちは、イエス・キリストの弟子です。私たちが、イエス・キリストに見倣うことを、イエス・キリストは、切に、願っておられます。それを全うする為には、世の様々な誘惑に打ち勝つ人生を過ごさなければなりません。

エペソへの信徒信徒への手紙5章5節を読んでみたいと思います。

Eph. 5:5 すべてみだらな者、汚れた者、また貪欲な者、つまり、偶像礼拝者は、キリストと神との国を受け継ぐことはできません。このことをよくわきまえなさい。」

第三、 感謝の言葉で、私たちの人生を満たすことです。

私たちの日常の生活を豊かにする肝心なポイントが一つあります。それは、私たちが使っている言葉です。哲学者ハイデッガーは、「言葉は存在の家」だと言い表しました。その表現の意味は「言葉は、私たちの生き方に大きな影響を与えるもの」だという意味だそうです。私達クリスチャンが、イエス・キリストに見倣う為には、イエス・キリストが用いられたような言葉を、私たちが身につける必要があります。イエス・キリストは、何時も、父なる神様に感謝するご生涯を過ごされました。イエス・キリストは、十字架の死をも、感謝の心をこめて受け入れられました。エペソへの信徒への手紙5章4節を読みましょう。

Eph. 5:4 卑わいな言葉や愚かな話、下品な冗談もふさわしいものではありません。それよりも、感謝を表しなさい。」

私たちが、真のイエス・キリストの弟子であるなら、どういう言い方を選ぶべきでしょうか。私たちが、祈りを捧げる時であれ、話をする時であれ、感謝が溢れる言葉を使うのがふさわしいのではないでしょうか。私は、クリスチャンとクリスチャンではない人との間には、明らかに、一つの異なることがあると思います。それは、感謝の言葉です。感謝というものは、キリスト教の代表的なものだと思います。ある人がキリスト教に見事な言葉が一つあると言いました。それは、「感謝」と「赦し」という単語です。イエス・キリストに見倣う為に私たちに必要なことは、イエス・キリストのように、感謝の言葉を用いることです。 テサロニケの信徒への手紙一 5章18節を共に読んだ後今日の説教を終わりたいと思います。

1Th. 5:18 どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。」

復活の希望になられたイエス・キリスト

コリントという都市は、昔、グローバルビジネスの中心でした。商業が栄え、貿易が活発に行われていた都市でした。コリントは、狭い海峡に位置して、東と西を繋ぐ橋のような役割を果たしていました。世の全てのぜいたく品が、コリントを通して販売されていました。アラビアの香油、ベニげのナツメのヤシの実、リビアの象牙、ギルリキアのヤギの毛、ルカニアの毛織物等、当時、高価な物は、全て、コリントで、取引されていました。それだけではありませんでした。外国人が、それも、商売人が沢山集まるということで、人身売買も横行していた都市でした。また、コリントには、オリンピックに次ぐスポーツ祭りが、定期的に、開催されていました。当時の巨大な富が、コリントを通して流されていたのです。また、人口もどんどん増えていました。

しかし、それらと共に罪と不道徳的な物もあふれていました。酒、賭博、ポルノ、同性愛、麻薬があふれていました。また、コリントには、大きな神殿がありました。その神殿では、女の人が沢山働いていました。つまり、その神殿で行われていたのは、礼拝ではなく、売春が公に行われていたということです。

人々は、そのようなコリントを、地上の天国だと思い込んでいました。それで、人々は、地上の天国であるコリントで、長生きをするために、健康にいいあらゆる薬を世のあちこちから輸入しました。

しかし、そのようなコリントの人々にも、不便な真実がありました。いくら体にいい薬を沢山飲んでも、体の死から完全に逃れることが出来ないということです。

ところが、ある日、そのコリントに、パウルという人物が尋ねました。パウルという人物を通して、福音がコリントの人々に伝えられたのです。その福音は、コリントという都市を揺るがす巨大な衝撃波でした。使徒パウロを通して、享楽な都市、コリントに伝えられた福音の本質は、一体、どういうものだったでしょう。今日の御言葉に基づいて、享楽な都市、コリントに伝えられた福音の本質がなんであるかを、共に考える時間を持ちたいと思います。三つに分けて考えてみたいと思います。

第一、福音は、イエス・キリストが私たちを罪から救って下さるという良い知らせです。

なぜ、人々は、罪を犯しているのでしょうか。それは、罪がもたらす快楽のせいではないかなと思います。ヘブライ人への手紙11章25節を共に読みましょう。

「はかない罪の楽しみにふけるよりは、神の民と共に虐待される方を選び」

罪の楽しみという言葉があります。つまり、罪が、私たちに与えるある楽しみがあるという意味です。何よりも、私たちが、注意を払うべき言葉が一つあります。それは、「はかない」という言葉です。罪が与えるはかない楽しみが消え去ると、人間は、罪悪感という長くて、暗闇のようなトンネルの中を歩まなければなりません。罪や、罪悪感の中で生きている人間を救って下さる為に、イエス・キリストが、この世に来られました。それが、福音の本質です。使徒パウロは。その福音の本質を宣べ伝える為に、コリントに来たと語っています。コリント信徒への手紙15章1ー2節を共に読みましょう。

「兄弟たち、わたしがあなたがたに告げ知らせた福音を、ここでもう一度知らせます。これは、あなたがたが受け入れ、生活のよりどころとしている福音にほかなりません。

どんな言葉でわたしが福音を告げ知らせたか、しっかり覚えていれば、あなたがたはこの福音によって救われます。さもないと、あなたがたが信じたこと自体が、無駄になってしまうでしょう。」

そうです。福音は、イエス・キリストを信じる信仰によって、救われることです。その救いは、罪からの救いです。

全ての人間が持っている実存的な問題は、罪ということではないかなと思います。罪という問題を解決しないと、誰一人も救われることは出来ません。人間の罪の問題を解決する為に、神様は、イエス・キリストをこの世に遣わして下さいました。15章3節を見ましょう。

「最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたのは、わたしも受けたものです。すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと、」

イエス・キリストは、単に、この世にこられたわけでは決してありません。私たちの罪の為に、私たちの代わりに、死ぬ為にこの世にこられたと、使徒、パウロは語っています。

コリントからあんまり遠くない所には、アテネという都市がありました。アテネという都市は、優れた哲学で有名でした。そのアテネの哲学は、既に、コリントにも大きな影響を与えていたのです。しかし、問題は、その優れたアテネの哲学も、コリントの人々が持っている罪悪感や罪の問題を解決してくれることが出来なかったということです。

当時、エピキュリアンという哲学者たちがありました。エピキュリアンは、快楽主義者たちです。彼らが、主張しているのは、罪と罪悪感を考えず、ただ、人生を楽しめばいいということです。しかし、如何でしょうか。全ての人間には、良心というものがありますね。罪や罪悪感を考えず、人生のみを楽しむことは出来ないと思います。また、ストアという哲学者たちがありました。彼らを、禁欲主義者です。彼らは、罪を犯さないように謹慎することを主張します。しかし、この世を離れ、謹慎するということは、そんなに簡単なことではないと思います。

では、聖書は、罪の解決に対して、どのように語っているのでしょうか。ヘブライ人への手紙9章22節には次のように記されています。

「こうして、ほとんどすべてのものが、律法に従って血で清められており、血を流すことなしには罪の赦しはありえないのです。」

「血を流すことなしには罪の赦しはない」と聖書は、語っています。また、聖書は、次のように記しています。もう一度、15章3節を見ましょう。

「最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたのは、わたしも受けたものです。すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと、」

神様の御子であるイエス・キリストが、この世に来られ、私たちの罪を背負って十字架の上で死んで下さいました。イエス・キリストが、十字架の上で流して下さった血潮で、私たちの罪は、赦されたのです。聖書もう一箇所を探してみたいと思います。エフェソの信徒への手紙1章7節です。

「わたしたちはこの御子において、その血によって贖われ、罪を赦されました。これは、神の豊かな恵みによるものです。」

これが、快楽の都市、コリントに伝えられた福音であり、今も、私たちが聞く必要がある福音であると、私は思います。

第二、福音は、復活の希望を与える良い知らせです。

地上の天国で生きているコリントの人々には、明白に、否定出来ない事実が一つありました。それは、全ての人間は、死ぬということです。深く考えてみると、コリントの人々が、もっと、刺激的な快楽を求めた理由が、そこにあったかなと思います。死んだ後のことを全然知らないので、生きている間、人生を楽しく過ごしたいのが、コリントの人々の考えではないかなと思います。

ある人が、面白い話をしました。私たちが、この世で、確かにすべきことは、税金を払うことと、死ぬことであると。しかし、悪賢い人は、税金を払う義務から逃れますね。しかし、いくら悪賢い人でも、税金から逃れることは出来ますが、死から逃れることは、出来ません。人間にとって、死ぬ確率は、100パーセントです。全ての人間は、いずれ死にます。

ある教会に日曜学校の先生が、子供たちに、次のような質問をしました。

「皆さん!皆さんが、天国に行く為に必要なことはなんですか」

この質問をした先生が期待していた答えは、「イエス・キリストを信じる信仰です」という答えだと思います。しかし、ある子供が、躊躇せず、手を上げながら答えました。

「まず、死ぬ必要があります」

事実ですね。死なずに、天国に行くことが出来る人は、誰一人もいないと思います。ほどんどのコリントの人々は、死んだ後、魂だけがあるところに行くと思い込んでいました。アテネの哲学の影響だと思います。

しかし、パウロは、死んだ後、体のよみがりがあり、そのよみがえられた体で、私たちは、永遠に生きると語っています。その復活の証拠が、イエス・キリストだと、使徒パウロは、語り続けています。使徒パウロは、イエス・キリストの死によって、私たちの罪の問題が解決され、イエス・キリストの復活によって、私たちの死後の問題も解決されたと語っています。

それで、福音は、イエス・キリストの死だけではありません。福音は、イエス・キリストの死と復活です。それが、15章4節に記されている内容です。

「葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおり三日目に復活したこと、」

使徒パウロは、5〜8節で、イエス・キリストの復活が、真実であることを説明する為に、否定出来な証拠を提示しています。

「ケファに現れ、その後十二人に現れたことです」

「次いで、五百人以上もの兄弟たちに同時に現れました。そのうちの何人かは既に眠りについたにしろ、大部分は今なお生き残っていま⿀」

「次いで、ヤコブに現れ、その後すべての使徒に現れ」

「そして最後に、月足らずで生まれたようなわたしにも現れました。」

よみがえられたイエス・キリストは、ダマスコで、パウロに会って下さり、使徒として召して下さいました。それと同じように、よみがえられたイエス・キリストが、私たち一人一人に会って下さったんじゃありませんか。よみがえられたイエス・キリストが、私たちに会ってくださいましたので、今、私たちは、ここで礼拝を捧げています。イエス・キリストは、この世にこられて、十字架の上で死んで下さいました。その死によって、私たちの罪は赦されました。また、イエス・キリストは、三日目によみがえられました。その復活によって、私たちには、永遠に生きる希望が与えられています。

第三、福音は、この世での勝利の人生の約束です。

復活の信仰は、単に、将来のことだけを意味するのではありません。私たちが、どういう未来を待ち望むかのよって、今の私たちの人生が変わると思います。死んだ後、天国と復活があるということを信じているならば、今を生きている私たちは、もっと、希望に満たされている人生を過ごす事が出来るのではないかなと思います。

私たちは、明らかに示されている将来を待ち望んでいます。愛する兄弟姉妹達に再開する事、愛しる家族に再開して、復活された体を持って永遠に生きることを待ち望んでいます。暗闇のような将来を、不安感を持って、ただ、待っているのでは決してありません。

使徒パウロは、よみがえられたイエス・キリストが、私たちに勝利の人生を過ごす事が出来るように、力を与えて下さると語っています。復活されたイエス・キリストの力が私たちを囲んでいるので、私たちは、世の誘惑に、あらゆる試練に打ち勝つ事が出来ると語っています。15章57節と58節を共に読みましょう

「わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう。」

「わたしの愛する兄弟たち、こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです。

新聖歌267番はキリストは生きておられるという讃美です。元々は、英語の賛美なんですが、日本語で翻訳されています。

Because He lives, I can face tomorrow

Because He lives, all fear is gone.

Because I know, I know, He holds the future

And life is worth the living, just because He lives.

イエス・キリストが生きておられるので、全ての悩み、苦しみは消え去ったのです。生きておられるイエス・キリストが、私たちの将来を支えて下さっている事を、私たちが知っています。それで、私たちは、生きる価値があります。これが、使徒パウロが、コリントの人々に宣べ伝えて福音です。

2017年4月23日の礼拝後の交わり

2017年花見

クリスマス祝会

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。