主日の朝礼拝

14238085_1210451262309982_6720298436724356428_n

キリスト教では、毎週の最初の日、すなわち日曜日を、礼拝のために用いる日としております。それは、イエス・キリストが日曜日の朝に復活したことを記念するものです。キリスト教以前のユダヤ教では、神様が世界を創造された一週間の最後の日、つまり土曜日を礼拝の日とし、その日に神様が「安息」されたことを記念して、「安息日」と呼んでおりました。安息日は神様のために献げる日であり、日常生活のすべての仕事を休んで礼拝に集中する聖なる日でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。