プロテスタント教会は

 「プロテスタント教会」は、西暦1517年にドイツのマルティン・ルターより始まった宗教改革によって、カトリック教会から分離した教会です。「プロテスタント」=「抗議する人々」という名前は、彼らがカトリックの教義を誤りと考え、それに抗議したことに由来します。

現在、世界のキリスト教は、「(西方)ローマカトリック教会」と「東方正教会」そして、「プロテスタント教会」に大別されますが、正教会は日本にはあまりありませんので(神田のニコライ堂、函館のハリストス正教会等が有名ですが、)ここでは説明を省略し、カトリック教会とプロテスタント教会の関係について説明します。

「カトリックとプロテスタント」外見的な見分けかたは簡単です。神父さんやシスターがいるのがカトリック、牧師さんがいるのがプロテスタントです。建物はカトリックの方が比較的飾り付けがされており、特にマリア像が見られるのは間違いなくカトリックです。プロテスタントでは、マリア像はもちろん、イエス様の像もあまり見られません。
他にも、カトリック教会とプロテスタント教会の間には幾つもの違いがありますが、最も根本的で深い違いは、ローマ教皇に代表される教会の権威をどのように理解するかという点です。カトリック教会は、ローマ教皇を頂点に据えた一つの体制を持っており、教皇が公に表した教えは、誤りないものと信じられています(正確には様々な条件が加えられますので、教皇の発言が全て誤り無いということではありません)。
それに対してプロテスタント教会は、「絶対に正しい」というのは神様だけに言えるのであって、教会は神の制度ではあるけれども、人間によって形成されており、常に過ちを伴うと考えます。従って、プロテスタント教会は、カトリックのように絶対的な権威や組織を持ちません。
(もし、あなたが知っている教会がプロテスタント教会でありながら、「絶対間違いない『制度』」を主張するのであれば、その教会は少し疑ったほうが良いかもしれません)

絶対的な制度的な権威を持たないプロテスタント教会は、必然的に沢山の教派に分かれます。これらはそれぞれの特徴を持ち、教理や制度に違いがありますが、みな一つのキリスト教に属します。
歴史的に大別すると、宗教改革者ジャン・カルヴァンやツヴィングリの影響による改革(長老)派、マルティン・ルターに遡るルター派、17世紀のイギリスで形成されたバプテスト派、18世紀イギリスのジョン・ウェスレーに起源を持つメソジスト派等に分けられます。
私たちの教会は、プロテスタント教会の内、「改革(長老)派」に属します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。